English

English

Kanetsu News

TE Connectivity「高速I/Oコネクタソリューション」

2020.03.23

PDF

速度、小型化及び標準化を考慮して設計されたTEのI/Oコネクタは、
重要なシステムの熱性能や通信用途における伝送特性を向上させるために、
信頼性の高いソリューションを提供します。



I/Oインターフェースコンポーネント



ケージポート構成


EMI機能

EMIスプリング

写真

  • 低コスト
  • ベゼルへの圧力が少ない


EMIガスケット

写真

  • 高EMI特性
  • 破損しにくい
  • 基板端とベゼル間の寸法を厳しく管理する必要性がある


周辺機器

ライトパイプ

写真

  • 基板上のLEDの光を、ケージ天面にクリップで装着されたライトパイプを通して、嵌合側に光信号を表示することが可能


ヒートシンク

写真

  • モジュールへの直接接続で、熱源から熱を放射
    ヒートシンクは、3つのスタンダードのNET、SAN及びPCIがあり、また要求に合わせて設計が可能


製品ラインナップ

SFP

写真

  • 最大4Gb/sのデータ伝送速度をサポート
  • 20ポジションPT(トランシーバ)コネクタ
  • 単一ポート、ギャング、スタックタイプなどをラインナップ


SFP+

写真

  • 最大16Gb/sのデータ伝送速度をサポート
  • 20ポジションPT(トランシーバ)コネクタ
  • コネクタとケーブルアセンブリはSFPとの互換が可能


zSFP+

写真

  • 最大28Gb/sのデータ伝送速度をサポート
  • 20ポジションPT(トランシーバ)コネクタ
  • コネクタと1xNケージはSFP+との互換が可能


QSFP/QSFP+

写真

  • 最大40Gb/s(チャネルあたり10Gb/s)のデータ伝送速度をサポート
  • 従来のSFP 3倍のポート密度を実現した4チャネルパッケージ
  • 38ポジションのSMTコネクタ


zQSFP+

写真

  • 最大100Gb/s(チャネルあたり28Gb/s)のデータ伝送速度をサポート
  • プレスフィットピンのレイアウトでbelly-to-bellyのケージポート構成を実現
  • QSFP+との嵌合互換が可能


CFP

写真

  • 最大100Gb/s(チャネルあたり10Gb/s)のデータ伝送速度をサポート
  • イーサネットの長距離伝送をサポート
  • 148ポジションの相互接続
  • 優れたEMIシールドを実現


CFP/CFP4

写真

  • 最大レーンあたり28Gb/s、ポートあたり100Gb/sのデータ伝送速度をサポート
  • 19インチラインカードあたりCFPの最大4倍のデータレートを実現


QSFP-DD

写真

  • 28 Gbps NRZまたは56 Gbps PAM-4に対応
  • 8レーンでQSFPの2倍のポート密度で、200または400Gbpsのデータ伝送速度をサポート
  • QSFPモジュールとの嵌合互換が可能


サーマルブリッジテクノロジー

写真

  • プレート構造で、ヒートシンクとのギャップをほぼゼロにし、熱伝導の最適化を実現
  • 弾性圧設計を採用することにより、圧縮力を低減させ、長期的な熱性能の安定化を実現






ご質問・お問い合わせ等ございましたら、特販課までお問い合わせ下さい。
TEL:075-662-1114
FAX:075-662-1184

もしくは【お問い合わせ】フォーマットよりメールにてお問い合わせ下さい。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。